IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

企業レベルでのアジャイル開発を意識した、ハイブリッド型ソフトウェア開発フレームワーク

数多くの開発現場で鍛え上げられたアジャイルプラクティスの知見と、ラショナル統一プロセス(RUP)の経験知を統合。プロジェクトライフサイクル全般をカバーする、アジャイルプラクティス体系とは。

コンテンツ情報
公開日 2012/05/09 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 652KB
要約
 アジャイルはかつて、同じ場所で作業する小規模なチームでのみ実行できるものと考えられていたが、最近では製品の品質やチームの効率、納期順守が改善したことで、それぞれの環境でアジャイル原則の導入を検討する大規模チームが増えてきている。また、主流のアジャイル手法が想定する開発チーム(8人程度)の枠を超えるスケールアップには、調整作業におけるコストとリスクの両方が高くなるため、戦略に大幅な追加と調整が求められる。

 このホワイトペーパーでは、これらの問題を解決する企業レベルの業務アプリケーション開発を意識したハイブリッド型ソフトウェア・プロセス・フレームワークとして、「Disciplined Agile Delivery(ディシプリンド・アジャイル・デリバリー) 」を紹介する。