IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

株式会社中央コンピュータシステム

事例

株式会社中央コンピュータシステム

オープンでもホストでも──統合的な環境で帳票開発・運用管理できるシステムとは?

1993年に電子帳票の草分けとしてリリース。その後、現在では約500社で利用されている。システムの信頼性・安定度は定評がある。開発者向けのツール提供も可能となったシステムの全貌を公開!

コンテンツ情報

公開日 2007/10/22 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.48MB

要約

 ホストコンピュータやUNIX・WindowsPCを利用したオープンシステムで管理している帳票データを電子帳票に変換し、ネットワーク接続されたクライアントPC上で表示・活用できるシステム。
 それがTrinitat(トリニテート)だ。
 システムの信頼性・安定度に加え、新たに帳票開発ツール「System5000」をリリースし、帳票設計・開発に伴うコストの削減を現実化した。データ生成ツール「Generator」は開発者向けのツールとして新登場している。帳票利用の将来を見据え、今後も進化し続ける。
 今回は具体的な運用事例を紹介した。帳票サービス利用の中核としての役割にご注目!

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。