IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アボセントジャパン株式会社

技術文書

アボセントジャパン株式会社

仮想化と非仮想化(物理)の混在環境の管理の複雑さ、どう解決する?

サーバ統合において今最も注目されている仮想化技術。しかし、仮想化導入後、仮想サーバと非仮想(物理)サーバの混在環境の管理がどれほど複雑になるかという点に目を向けているIT管理者はまだ少ない。

コンテンツ情報
公開日 2007/09/25 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 9.52MB
要約
 いつの時代でも、新しい技術の導入に際し、導入後の運用をしっかりと考えておくことは最も重要である。
 仮想化技術は、検証導入が始まったばかりだが、今後急速に拡大するのは確かだろう。ハードウェアへの投資費用削減、空調や電力費用の削減、さらに既存CPUの柔軟な活用の促進など、その効果は大きく期待される。
 しかし一方で、電子メールのようにIOが頻繁に起きるサーバの仮想化は実用的ではないため全サーバが仮想化されることはないと考えられ、仮想と非仮想(物理)サーバが混在する環境の管理の複雑さは常につきまとう。現時点では一元的に管理するツールがないため、運用管理は非常に煩雑にならざるを得ない。
 Avocentは、これまでのITインフラ全体の統合管理ソリューションの実績を活かした、仮想・物理混在環境の一元管理を実現した。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。