IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ホワイトペーパー

デル株式会社

技術文書

デル株式会社

ブレードサーバにおけるVMware VMotion性能

高密度のブレードサーバのオンボードNIC(2ポート)のみを使用して、多くのVMotion処理を発生させた場合、仮想マシン性能にどの程度の影響があるかを測定。NIC増設の目安となる性能データをレポート。

コンテンツ情報

公開日 2007/09/04 フォーマット PDF 種類 技術文書
ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 473KB

要約

仮想化インフラが日本においても普及し始めた現在、仮想化対象システムの規模に応じて
適正コストでのサイジングが重要になる。

今回のテストは、VMware環境の中でも最もポピュラーに用いられるVMotion機能とNICの
負荷の関係について着目した。
特に、オンボードでのネットワーク接続が2ポートに限られる、高密度のDell PowerEdge
1955ブレードサーバが、果たしてESX Serverのホストマシンとして実用に耐えうるのか、
また、典型的なVMware処理を実行したとき、性能に影響が出ないのかを評価した。

SAN接続された2台のブレードサーバに対してCPU使用率60%-65%まで負荷をかけた状態で、
ブレード間でVMotion処理を次々に実行していった場合の仮想マシン上のアプリケーションの
負荷およびVMotionにかかる時間を測定し、検証結果としてまとめている。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。