IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

ベル・データ株式会社

製品資料

ベル・データ株式会社

レガシーシステムとも呼ばれるIBM iが改めて注目されている理由とは?

レガシーシステムと呼ばれることもあるIBM iだが、ハイブリッド型という価値を生かすことができれば、ビジネス活用できると注目されている。本資料では、IBM iから脱却するのではなく、継続することのメリットについて解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/07/02 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.51MB
要約
レガシーシステムとも呼ばれるIBM iが改めて注目されている理由とは?
 レガシーシステムの代表格とも評されるIBM iだが、アプリケーション資産の継承性や管理・運用の容易性、セキュリティレベルの高さなどは、他のサーバにはないユニークなテクノロジーによって裏付けられている。さらに、AIやIoT、クラウドサービス連携などを実装するためのテクノロジーも兼ね備えた、ハイブリッド型のサーバだ。

 近年浮上してきたDX推進や人手不足などの課題を前にして、サーバをゼロベースで検討しようとする企業が目立ってきた。しかし、IBM iが備えるハイブリッド型という新しい価値を生かすことができれば、DX推進、人手不足などの課題も解消できる。

 そこで本資料では、アプリケーションを中心に、開発および管理・運用それぞれの観点から、課題解決の方策を解説する。例えば、IBM i上の開発言語として高いシェアを誇るRPGと、JavaやPythonなどのオープン言語を連携させたハイブリッド型システムの構築だ。ここで問題となるのが既存アプリのブラックボックス化だが、これを解消するためのツールが用意されている。また、管理・運用面でも、課題を解消するツールやサービスについて紹介する。