IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

株式会社アイ・ピー・エス

事例

株式会社アイ・ピー・エス

3社の事例に学ぶ、レガシーシステムがもたらす課題と脱却方法

ITシステムの老朽化は、業務の非効率化を招くだけでなく企業競争力の低下にもつながりかねないため、システムの刷新や効率化を図ることが求められる。三和スクリーン銘板など3社の事例を基に、システム刷新の必要性や進め方を学ぶ。

コンテンツ情報
公開日 2024/06/27 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.18MB
要約
3社の事例に学ぶ、レガシーシステムがもたらす課題と脱却方法
 ビジネス環境が目まぐるしく変化する現代では、あらゆる変化を迅速にキャッチし、適切な経営判断を下していくことの重要性が高まっている。その実践に向け、レガシーシステムから脱却し、急速な変化に対応できるシステム環境を整備する動きが加速している。

 こうした状況の中、パブリッククラウド型ERPを用いてレガシーシステムを刷新したのが三和スクリーン銘板だ。愛知県に本社を構え、自動車エンブレムや家電製品の操作パネルなどの製造を手掛ける同社。スクラッチ開発した基幹システムを10年以上にわたり運用していたが、度重なる改修でシステムの仕様が複雑化し、改修を外部委託することも難しくなっていた他、業務の非効率化を引き起こしていたことから刷新を決断したという。その推進に当たっては、システムに業務を合わせる「Fit to Standard」のアプローチを採用した。

 本資料では、同社の他、ナミックス、ニチバンの取り組みを紹介する。レガシーシステムがもたらす課題は三者三様。本資料を参考に自社の課題を点検し、システム環境の改善につなげてほしい。