IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

SB C&S株式会社

市場調査・トレンド

SB C&S株式会社

設計・開発にVRを導入するメリットとは? 5つの活用方法と使いこなすヒント

新製品の設計や開発に関わる企業の中には、予算や納期の課題により、チームのクリエイティブな能力を最大限に生かすことができていないケースも少なくない。そこでこうした問題の解消策として、VRを活用するアプローチが注目されている。

コンテンツ情報
公開日 2024/06/14 フォーマット PDF 種類

市場調査・トレンド

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 8.31MB
要約
設計・開発にVRを導入するメリットとは? 5つの活用方法と使いこなすヒント
 新製品の設計や開発に関わる企業の多くは、創造力を必要とするクリエイティブな業務において、さまざまな課題を抱えている。予算が少なく、納期が短ければ、チームのクリエイティブな能力を最大限に生かすことは難しい。また最終案の承認の前に技術的な不具合が見つかった場合、リリース直前でも計画を白紙に戻される可能性がある。

 そこでこうした課題の解決策として、設計プロセスに没入型のVR(仮想現実)を用いるアプローチが注目されている。VRの環境内では、アイデアをさまざまな角度で体験・確認できるため「よりリアルなデザインや寸法の確認」「リアルタイムな共同作業による連携の強化」「コストの削減や開発時間の短縮」などの成果につなげることが可能になる。またビジュアライゼーションの精度を向上させることで、物理的なプロトタイプを必要とせず、3D開発における2Dツールの問題を乗り越えることができる。

 本資料では、クリエイティブな業務の課題を解決するVRの5つの活用方法を解説するとともに、VRを導入して使いこなすための7つのステップを紹介する。設計や開発の課題を解消するVRの実力を、ぜひ確かめてほしい。