IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

Gcore Japan株式会社

製品資料

Gcore Japan株式会社

AIの分析と推論を迅速化させる、ネットワークエッジによる手法とは?

膨大なデータからAIを使ってより迅速にビジネス価値を引き出すためにはどうすればよいだろうか。その解決策となるのが、AIによる分析と推論を、従来のクラウドデータセンターではなく、ネットワークエッジで実行するという手法だ。

コンテンツ情報
公開日 2024/06/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.14MB
要約
AIの分析と推論を迅速化させる、ネットワークエッジによる手法とは?
 AIは、われわれの生活やビジネスにおいて不可欠なテクノロジーとなりつつある。製造業における予測予見や、医療現場におけるパーソナライズされた治療の提供など、多種多様な業界で力を発揮している。このAIの駆動力となっているのは、組織があらゆるタッチポイントから日々収集するデータだ。

 データが大量であればそれだけ、AIによる出力精度は高まるが、AIによる分析と推論の原資となるAIアルゴリズムはほとんどの場合、クラウド上のデータセンターで管理運用されている。つまり、データをいったんデータセンターに集約して分析し、その結果をWebサイト、もしくはネットワークエッジに戻すというプロセスとなり、どうしてもタイムラグが生じてしまう。

 本資料では、AIがもたらすビジネス価値を最大化するためには、クラウドデータセンターの一極集中から脱却し、AIの出力結果を必要とするエッジになるべく近い位置で、分析と推論ができる環境を構築することが望ましいと解説している。併せて、この環境の構築を可能にするソリューションについても紹介しているので、参考にしてほしい。