IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

Tealium Japan株式会社

事例

Tealium Japan株式会社

顧客獲得率4倍を達成、千葉興業銀行に学ぶCDPの活用方法と導入効果

顧客一人一人のニーズに合わせたマーケティングを実践するため、「CDP(Customer Data Platform)」の導入が広がっている。MAツールではなくCDPの活用で成果を挙げる千葉興業銀行の取り組みを基に、CDPの活用方法や導入効果を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2024/06/03 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.82MB
要約
顧客獲得率4倍を達成、千葉興業銀行に学ぶCDPの活用方法と導入効果
 企業が持つ顧客情報を統合/集約/分析するためのプラットフォームである「CDP(Customer Data Platform)」。顧客一人一人のニーズに合わせた施策を実践し、顧客獲得やロイヤリティー向上につなげるべく、導入の動きが加速している。

 千葉県に本店を置く千葉興業銀行もその1社だ。顧客との“非対面のつながり”を強化するため、「One to Oneマーケティング」の実践方法を模索していた同行。MAツールの導入も検討したが、当時メール配信を行っていなかった同行にとって利用ハードルが高かったという。一方CDPであれば、例えばSMSを起点に「電話をかける」といったリアル施策に使えるリストを作ることもでき、デジタルとリアルの融合による効果が期待できることから、その採用に踏み切った。

 導入の効果は目覚ましく、CDPで作成した架電リストでの顧客獲得率は、既存リストと比べ4倍以上に上昇。コンタクトセンター側から活用アイデアが寄せられるようになり、PDCAを回せる体制も確立している。本資料では、同行の取り組みを基に、CDPの実力や効果的な活用方法を探る。