IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

SB C&S株式会社

製品資料

SB C&S株式会社

ネットワークの保守運用で注目されるAIOps、国内で急速に導入が進む理由は?

企業ネットワークの保守運用にAIを採り入れることで、コストや人的リソースの削減、障害復旧スピードの向上といったメリットを得られるというが、どれだけの効果があるのか。定評のあるクラウドサービスを取り上げ、実際のメリットを探る。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 8.3MB
要約
ネットワークの保守運用で注目されるAIOps、国内で急速に導入が進む理由は?
 企業向けネットワークの保守運用にAIを採り入れ、それを活用するというAIOpsの考え方が浸透しつつある。具体的には、ネットワークを構成する機器やエンドポイントからデータを収集し、それに基づきトラブルの原因を特定・分析して、特定された問題に自動的に対処するというサイクルを回す運用になる。

 AIOpsの採用は、ネットワーク管理者を従来の手作業から解放し、コストや人的リソースの劇的な削減を可能とするだけでなく、高度なスキルを有する人材の不足という問題の解消にもつながる。収集されたデータからユーザー体験を数値化し、サービスレベルを可視化。そのレベルが低下すれば、根本原因を探り、問題を解決するためのアクションを提案するところまでAIが行ってくれるという。

 本資料では、ネットワークの保守運用におけるAIOpsの採用がもたらすメリットを解説するとともに、国内外で導入事例を持つネットワーク向けAIOpsソリューションを紹介している。保守運用はAIでどれだけ変わるのか、本資料で確かめてほしい。