IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

レッドハット株式会社

製品資料

レッドハット株式会社

仮想マシンかコンテナか、二者択一ではなく進化する仮想化技術に対応するには?

長らく企業のITインフラを支えてきた仮想マシンの地位は、コンテナに奪われつつある。だが、依然として仮想マシンのニーズも強い。企業が無駄な投資をすることなく、最新の仮想化技術をカバーするには、どのような手段が適切なのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2024/05/23 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 1.12MB
要約
仮想マシンかコンテナか、二者択一ではなく進化する仮想化技術に対応するには?
 20年以上使われてきた仮想化技術だが、ITインフラの中核は仮想マシンからコンテナに移行し始めている。コンテナは企業規模に縛られることなく、アプリケーションの構築およびデプロイの新しい方法をもたらした。それでもGartnerは「データセンターx86ワークロードの70%は2027年までハイパーバイザーベースの仮想化を使用し続ける」と予想する。

 実際、最近のクラウドネイティブなアプリケーション基盤の中には、ハイブリッドクラウド環境で仮想マシンとコンテナの両方をサポートし、一元的な管理・運用を実現するものも現れている。ITチームは、それぞれのワークロードを共通のプロセスとツールを使用して管理できる他、監視やGitOps、サービスメッシュ、サーバレステクノロジーなどの活用も容易にしてくれる。

 このアプリケーション基盤を活用し、既存の仮想マシンをスムーズにコンテナ移行した他、システム信頼性のインシデントを97%減少させ、開発生産性も向上させた事例もあるという。本資料では、このアプリケーション基盤がなぜ重要になるのかを、15のポイントに分けて詳しく紹介する。