IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

フォーティネットジャパン合同会社

製品資料

フォーティネットジャパン合同会社

SD-WANやZTNAのベンダーは統一する、テレワーク時代のセキュリティの新常識

クラウドやテレワークによって、サイバー攻撃が可能な領域が拡大した結果、企業のセキュリティはSD-WANやZTNAなど複数のサービスから構成されるのが一般的になった。それらのベンダーがバラバラなら、今抱えている課題の原因かもしれない。

コンテンツ情報
公開日 2024/04/30 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 1.09MB
要約
SD-WANやZTNAのベンダーは統一する、テレワーク時代のセキュリティの新常識
 急速に広まったテレワークによって、企業は、どこからでも安全に企業リソースにアクセスできる新たなITインフラが求められるようになった。そこで、多くの企業が導入し始めたのが、ネットワークとセキュリティを統合した、新しいセキュリティコンセプトである「SASE(Secure Access Service Edge)」だ。

 しかし昨今では、これまでのSASEに対して、運用管理の負担やセキュリティのギャップなど、さまざまな課題が浮上している。SASEは、SD-WANやZTNA(ゼロトラストネットワークアクセス)など、複数のサービスを組み合わせて構成される。SASEを導入している企業の多くは、各サービスをさまざまなベンダーから調達しており、いわば“つぎはぎ”状態で運用している。これが課題の元凶になっているのだ。そこで注目されているのが、各サービスを統合して単一のクラウドサービスとして提供する「シングルベンダーSASE」だ。

 本資料で紹介するシングルベンダーSASEは、UTM(統合脅威管理)市場で高い評価を得ている製品のアーキテクチャを採用しており、そのパフォーマンスにも定評がある。その実力をぜひ確かめてほしい。