IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

Netskope Japan株式会社

技術文書

Netskope Japan株式会社

クラウド時代のセキュリティガイド、SSE導入の4ステップとSASEの実現法

あらゆる場所からアクセスするデバイスやユーザーの安全を担保するとともに、アプリケーションやデータを保護するにはどうすればよいのか。クラウド時代のセキュリティに不可欠とされる「SSE」について、その全貌を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2024/03/27 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 51ページ ファイルサイズ 2.3MB
要約
クラウド時代のセキュリティガイド、SSE導入の4ステップとSASEの実現法
 コロナ禍によって急速に普及したWork From Anywhere(働く場所の自由化)への取り組みは、企業のクラウド移行を加速させる要因になった。クラウドの活用は今や生産性向上やDX推進に不可欠といえるが、一方でこの変化は従来の境界型セキュリティに変革を迫るものでもあった。

 あらゆる場所からアクセスするデバイスやユーザーの安全を担保し、アプリケーションやデータを保護するにはどうすればよいのか。この観点から注目されているのが、SSE(セキュリティ・サービス・エッジ)だ。SSEはクラウド時代のセキュリティフレームワークであるSASE(セキュア・アクセス・サービス・エッジ)に必要な機能(SWG、CASB、ZTNAなど)を統合し、実行するための“脳”の役割を果たす。

 本資料では現代のネットワークセキュリティの課題を挙げつつ、その解決策であるSSE/SASEの機能やメリットを詳細に解説する。SSE導入の4つのステップや避けるべき事項についても紹介しているので、導入のガイドブックとして活用してほしい。