IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

アイティメディア広告企画

技術文書・技術解説

アイティメディア広告企画

ランサムウェアの「進化した手口」とは? 3時間で暗号化に至る“爆速攻撃”も

ランサムウェア攻撃の手口が巧妙化している。攻撃者は何に目を付け、どのような手口を用いているのか。セキュリティリスクを抑えるために、企業が注意すべき点は何か。

コンテンツ情報
公開日 2024/03/01 フォーマット PDF 種類

技術文書・技術解説

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 217KB
要約
ランサムウェアの「進化した手口」とは? 3時間で暗号化に至る“爆速攻撃”も
 バックアップなどのデータ保護技術が普及したことにより、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃者はデータを暗号化しただけでは企業から身代金を取りづらくなった。そのため攻撃者は新たな脅迫方法を生み出したり、暗号化以外の攻撃手法を用いたりしている。

 セキュリティベンダーSophosのランサムウェア攻撃に関する調査によると、システムやデータを標的とする技術的な攻撃から、人間の心理の隙を突いた攻撃へと手法が変化している。ごく短時間で侵害から暗号化まで進む、新種のランサムウェアも登場し始めているという。

 TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は、企業が知るべきランサムウェア攻撃のパターンと、取るべき対策を解説する。