IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

株式会社エフアンドエム

レポート

株式会社エフアンドエム

デジタル化が進む年末調整、「紙との併用でも効率化が期待できる」は本当か?

年末調整のデジタル化は、業務効率化を図る上で非常に有効な取り組みだ。しかし、「紙」との併用になるケースも多く、これで本当に業務を効率化できるのか、疑問に感じる担当者もいるだろう。事例を交えて、この疑問に答えていく。

コンテンツ情報
公開日 2024/01/05 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 7.51MB
要約
デジタル化が進む年末調整、「紙との併用でも効率化が期待できる」は本当か?
 年末調整の業務効率化に向け、昨今デジタル化の動きが加速している。しかし、デジタル化を反対されたり、PCやスマホを持っていない従業員がいたりするなどの理由から、紙の年末調整を残しつつデジタル化を進める企業は少なくない。この場合、紙とデジタルの年末調整を並行して行うことになるが、「余計な手間が増えるのではないか」と考える担当者もいるだろう。

 当然、デジタルで年末調整を行う従業員数が多ければ多いほど効果は実感できるが、実際には1割程度の従業員がデジタル化するだけでも大きな効果を得られるようだ。例えばハウスメーカーの「ポラス」では、従業員4100人のうち500人からデジタル化をスタート。500人分の申告用紙の配布作業と入力作業がなくなったことで、約2日分の業務の削減につながったという。

 本資料では、紙とデジタルの年末調整を並行して行うことで、本当に業務を効率化できるのか、事例を交えてこの疑問に答えていく。またその場合のフローや製品選びの注意点なども解説しているので、年末調整のデジタル化を検討している企業は、ぜひ参考にしてほしい。