IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

freee株式会社

製品資料

freee株式会社

電子取引データの電子化に迅速に対応、真のデジタル組織へ変革させる会計ソフト

「電子取引データの書面保存」に関する取り組みは、企業にとって喫緊の課題となっている。しかし、ここで重要なのは、目先の対処ではなく、将来を見据えた“真のデジタル組織”を構築するベストプラクティスで望むことだ。

コンテンツ情報
公開日 2023/12/04 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 3.18MB
要約
電子取引データの電子化に迅速に対応、真のデジタル組織へ変革させる会計ソフト
 2023年12月31日をもって、電子取引データの書面保存の猶予措置が終了する。これにより新たな作業が発生してしまい、「業務負担が増加する」と嘆く担当者も多いだろう。しかし、これを憂鬱な課題と捉えるのではなく、デジタルな組織へと変革していく絶好の機会として前向きに取り組むことが重要だ。

 そこで本資料では、このベストプラクティスともいえるクラウド型会計ソフトを紹介する。同ソフトは、「スキャナ保存」「電子取引データ保存」に対応しており、業務フローを考慮した、きめ細かな機能がそろっている。また「税区分・税率ごとの合計金額の自動推測」「請求書処理に特化した高速記帳」など、AI-OCRの機能をフル活用した業務効率化が可能となる。大掛かりなシステムを導入することなく、これらが実現できるのも大きな魅力だ。

 本資料では、電子取引データのデータ保存要件や、5つの具体的な対応策、事務処理規定の落とし穴など、総合的な取り組みポイントを解説する。「電子取引データの書面保存」の取り組みに課題を抱えている企業は、ぜひ参考にしてほしい。