IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

Denodo Technologies株式会社

Webキャスト

Denodo Technologies株式会社

データ分析を成功させる鍵、データ統合の課題を一掃する「仮想化製品」とは?

BIツールでデータの分析・活用を行っている企業は多いが、その前段階である“データ統合”に課題を抱える企業は多い。データ分析では、80%の時間がデータ統合に費やされるともいわれている。本動画では、その解決方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2023/10/30 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 52分00秒 ファイルサイズ -
要約
 データ活用を実践するために、BIツールを導入する企業が増えている。しかし、優れたBIツールを使っていても、データ分析の前段階である“データ統合”を行う環境整備で苦戦している企業は多い。従来のデータ統合の手法には、「データ統合の際に大量の複製データが生成される」「データ提供までのリードタイムが長い」「データ加工に時間がかかる」などのさまざまな課題がある。

 一般にデータ分析では、開発努力の80%がデータ統合にまわり、20%がデータ分析に使われるともいわれている。データ活用の価値を最大化するためには、データ統合の環境整備が不可欠だ。そこで昨今、本資料で紹介する「データ仮想化製品」が注目されている。同製品を活用すれば、分断された多種多様なデータソースを統合し、必要なときに必要なデータをリアルタイムに利用できるようになる。

 本動画では、同製品を使用したロジカルデータファブリックのアーキテクチャやメリットについて詳しく解説する。あるリサーチ会社の調査によれば、ETLと比べてデータ提供時間が65%短縮されたという。本動画で、その実力をぜひ確かめてほしい。