IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

エクイニクス・ジャパン株式会社

レポート

エクイニクス・ジャパン株式会社

AWSとAzureで仮想ネットワークサービスをテスト、通信性能はどう変わった?

クラウドベンダー間の相互接続におけるパフォーマンスの低下を解決する施策として期待が高まる、仮想ネットワークサービス。その改善効果を、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft Azureの両環境でテストした。

コンテンツ情報
公開日 2023/10/19 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 2.96MB
要約
AWSとAzureで仮想ネットワークサービスをテスト、通信性能はどう変わった?
 ビジネスの俊敏性を高めるため、マルチクラウド環境にワークロードを展開する組織が増加傾向にある。その一方で、複数のクラウドベンダー間を相互接続するには物理的なネットワーキングハードウェアも必要になるため、CAPEX(資本的支出)の増大や、複雑化によるパフォーマンス低下が避けられないという課題があった。

 この課題への解決策として期待が高まっているのが、仮想ネットワークサービスだ。その活用でどれほどのパフォーマンス改善が見込めるか。本資料ではAmazon Web Services(AWS)とMicrosoft AzureにVM(仮想マシン)をセットアップして、仮想ネットワークサービスをプライベートに統合し、3種類のテストを実行している。

 想定されるユースケースとして選ばれたのは、仮想ルーターとSD-WAN(ソフトウェア定義WAN)、次世代ファイアウォールの3つで、最大2591のVoIPセッションをサポートするなど非常に高いパフォーマンスを示した。他にも、さまざまなテスト結果を紹介しているので、ぜひ本資料を参考にマルチクラウド環境のパフォーマンス改善に取り組んでほしい。