IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

レッドハット株式会社

レポート

レッドハット株式会社

成功パターンの模索が続くエッジ環境、人材不足でも運用できる自動化手法とは?

分散環境でリアルタイムのデータ処理を行うなら、やはりエッジ活用が欠かせない。ただ、エッジコンピューティング実装/管理/保護の手法は定まっておらず、企業のビジョンは明確ではない。エッジ環境をどう整備すれば、成果が挙がるのか。

コンテンツ情報
公開日 2023/10/03 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.89MB
要約
成功パターンの模索が続くエッジ環境、人材不足でも運用できる自動化手法とは?
 データの分散化が進む中、企業はリアルタイムにデータを収集して処理・活用するために、“エッジ”を重要視するようになった。その流れは業界トレンドにも反映されており、ある調査によるとエッジインフラ関連の市場規模は、2025年までに2738億ドルに達し、年間平均成長率(CAGR)は15%強になるという。

 その一方で、エッジコンピューティングの実装/管理/保護に関して、明確なビジョンを持つ企業は多くない。その背景には、多くのエッジロケーションで現地のIT人材が不足しており、その結果、リモート管理を重視しているという現実がある。またデータセンターのように物理的なセキュリティがない場合もあり、その対策も急務となっている。

 本資料では、こうしたエッジを取り巻く現状から課題、解決方法まで詳しく解説する。さらに拡大するエッジ環境の複雑さを低減するために、単一のプラットフォームを導入して自動化を進め、標準化・統合化することの重要性について言及する。併せて有力な選択肢となるソリューションを紹介しているので参考にしてほしい。