IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

ラピッドセブン・ジャパン株式会社

Webキャスト

ラピッドセブン・ジャパン株式会社

動画で解説、日本企業が「検知」と「対応」で遅れている理由とその解決策

セキュリティ対策では特定・防御・検知・対応・復旧の5つをバランスよく実施することが肝要だが、日本企業では検知や対応が遅れているといわれている。その理由とは何か。解決策とともに詳しく解説する。

コンテンツ情報
公開日 2023/05/18 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 25分30秒 ファイルサイズ -
要約
 米国国立標準技術研究所のサイバーセキュリティフレームワーク(NIST CSF)では、セキュリティ対策を特定・防御・検知・対応・復旧の5つのコアに分類している。これらをバランスよく実施することで、セキュリティ対策の向上が図られるとしているが、日本の企業では防御は優れているものの、検知や対応などは遅れているといわれている。

 この検知と対応について、日本企業の多くが「ツールを導入すれば大丈夫」「監視サービスベンダーが全てやってくれる」と考えているが、実際はそこまで万能なものではない。EDR(Endpoint Detection and Response)を導入しても検知後の調査に別のログを確認する必要があったり、“なりすまし”の侵入が防げず別の仕組みを利用しなければならなかったりと、課題も複数ある。

 本動画では、こうしたEDRやMDR(Managed Detection and Response)のよくある課題を取り上げた上で、その解決策となるソリューションを紹介する。インシデントの検知・対応を一気通貫で実現するカバー範囲の広さといった特長を詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。