IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社エフアンドエム

製品資料

株式会社エフアンドエム

年末調整もDX化、クラウドソフトの正しい導入方法とは?

年末調整に関する業務は膨大な工数になることから、人事労務担当者の負担軽減が課題になっている企業は多いだろう。業務圧迫の要因を探りながら、その解消に向け活用したいクラウド型の年末調整ソフトと、その導入の進め方を見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2022/08/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 5.84MB
要約
 人事労務担当者にとって、毎年の年末調整は負担の大きい業務の1つだ。申告書類の準備にはじまり、従業員への配布、回収、専用ソフトへの入力など対応すべきことが多く、期間中は残業が当たり前になっている担当者も多いだろう。その要因となっているのが“紙ベース”の作業だ。

 紙の書類では、印刷や郵送、記載情報の入力や突合など多くの手作業が発生し、大量の紙を整理して保管する必要もあるなど、多くの非効率が付きまとう。これらを解消するには クラウドソフトなどを活用し、紙からの脱却を図りたいところだ。ただし、システム導入に当たっては、自社の課題と照らし合わせて製品を比較検討するなど、正しいステップを踏まなければ効果は望めない。

 そこで本資料では、クラウド型年末調整ソフト3タイプの比較から、導入スケジュールの流れ、無料トライアルでの確認ポイントまで、詳しく解説している。国税庁が提供する無料ソフトとの違いなどについても触れられているので、ぜひ参考にしてほしい。