IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ニュータニックス・ジャパン合同会社

製品資料

ニュータニックス・ジャパン合同会社

VMwareによる仮想化環境ならどのHCI? 将来も見据えて注目したい「5つの理由」

オンプレミスの仮想化環境の最適解として名前の挙がるハイパーコンバージドインフラだが、市場に出回る多数の製品からどう選べばよいかについては議論がある。そこでVMwareによる仮想化環境との相性に着目し、その魅力を5つにまとめた。

コンテンツ情報
公開日 2022/08/03 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 203KB
要約
 オンプレミスの仮想化環境として、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)を選ぶことは今や一般的だ。そのニーズの高まりに応じて、市場に出回る製品も多種多様だ。ただ、仮想化環境のニーズがこれまで大きく変化してきたように、今の要件だけでHCIを選ぶのはリスクになる。

 ハイパーバイザーの自由な選択は、その1つだ。VMware ESXiやMicrosoft Hyper-V、Nutanix AHVなど主要なハイパーバイザーは利用できると良い。また、VMwareによる仮想化環境であれば、vMotion、DRS、HAなどの主要な仮想化機能をサポートしており、既存のvCenter管理スタックとシームレスに統合できるかもポイントの1つになる。

 本資料では、こうした柔軟性と費用対効果に優れたHCIソリューションを取り上げ、特にVMwareによる仮想化環境と組み合わせた場合の最適解となる「5つの理由」を紹介している。コンパクトな内容なので、HCIソリューションの比較検討材料の1つとして目を通しておくと良いだろう。