IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

三井情報株式会社

製品資料

三井情報株式会社

コンテナやKubernetesはどこから始める? オンプレから始める理由とは

アプリケーション開発のスピード向上が求められる中、コンテナとKubernetesを採用する企業が増えている。一方、コンテナやKubernetesを「どこから始めるのか」は注意が必要だ。クラウドではなく、オンプレミスから始める理由とは?

コンテンツ情報
公開日 2022/07/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.98MB
要約
 DXの進展に伴い、アプリケーション開発にはこれまで以上のスピードや、変化に対する柔軟性が求められるようになり、従来ITプラットフォームとして主流だったIaaSでは対応できなくなりつつある。こうした中で採用が増えているのが、環境依存がなく可搬性にも優れるコンテナと、そのオーケストレーションツールであるKubernetesだ。

 だが、コンテナやKubernetesを「どこから始めるのか」については注意が必要だ。一般的には、初期コストを抑えて始められ、俊敏性も高いクラウドが採用されるケースが多いが、後々プロバイダーを移行したり、オンプレに戻したりするのが難しくなる。またサービスが大きく成長した場合、想定外のコスト増加やパフォーマンス低下に見舞われることも考えられる。

 そこでベンダーロックインを回避し、コンテナ環境の運用を統一するために検討したいのが、オンプレミスでマネージドKubernetesを利用する方法だ。本資料では、そのメリットや実現手段について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてもらいたい。