IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社エフタイム

製品資料

株式会社エフタイム

無線LANの性能問題、初期投資を抑えて負荷も軽減するアクセスポイントの要件

企業の無線LAN環境では「遅い」「つながりにくい」といった不満が少なくない。これらの問題を解消し、快適な無線LAN環境を構築できると注目されているのが「仮想コントローラー型アクセスポイント」だ。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/20 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 425KB
要約
 スマートなオフィス環境の実現や、モバイル端末の普及・増加により、無線LAN環境は今や一般的になった。その実現手段となるのがアクセスポイント(AP)だが、1台ずつの個別設定、電波干渉の考慮など、設置・管理の負荷が大きい。また、ハードウェアコントローラーやAP管理ライセンスによる初期コストも高くなりがちだ。

 これらの問題を解消できるとして注目されているのが、仮想コントローラー型APだ。内蔵の仮想コントローラーでAPを集中管理できる他、電波の自動調整機能も備える。また、負荷分散機能により、ユーザーが移動しても前のアクセスポイントの接続を引きずって切断・遅延が発生するスティッキー端末を防ぎ、端末が常に最適なAPに接続するよう制御可能になる。

 本資料では、この仮想コントローラー型APの機能や特長が、従来のAPとどのような点で異なるのかを解説している。電波状態・AP負荷のリアルタイムチェックの仕組みや、集中管理の方法なども図解されており、一目で優位性を理解できるだろう。