IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Tintri (株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン Tintri事業部)

事例

Tintri (株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン Tintri事業部)

5000台の仮想マシン運用負荷を軽減、DMM.comが選んだストレージとは?

共通基盤として5000台の仮想マシンを運用するDMM.comは、データセンター最適化に合わせてストレージを再選択した。サービス開発のリクエストにいかに迅速に応えられるかを基準に同社が選んだストレージとシンプルな運用に迫る。

コンテンツ情報
公開日 2022/07/05 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 335KB
要約
 動画配信やオンラインゲーム、FXなど分野を超えて40以上の事業を展開するDMM.com。サービスインフラ基盤の運用を担う同社インフラ部の中でも、IaaS開発チームでは5000台もの仮想マシンを運用しており、限られたメンバーで大規模な基盤を運用するという重責を担う中、サービス開発のリクエストにいかに迅速に応えられるか、というアジリティの向上を常に意識している。

 データセンター最適化のタイミングに合わせて、仮想基盤強化のために導入した新規ストレージでは、「初期導入の簡単さ」を重視して選択。設定項目が少なく、本番導入前のテストもシンプルで時間・工程ともに短縮できたという。

 また、仮想マシン単位で管理できる統合ツールが用意されており、拡張時も配下に筐体を追加するだけでよく、管理においても機器ではなく仮想マシン(VM)単位のため、複数筐体を横断的に管理・監視できることも選定の決め手となった。仮想マシンをライブマイグレーションする際も、各マシンの細かいポリシーやメトリックスを保持したまま自動的に移行可能で、運用負荷を大きく軽減できたという。本資料では、同社の取り組みから、同ストレージの実力に迫る。