IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ビジネスシステムズ株式会社

レポート

日本ビジネスシステムズ株式会社

調査に見る、ストレージ/コンピュートにおけるリソース調達の現状と課題

ストレージ/コンピュートの利用動向に関する調査によると、リソースの調達において、過半数の企業が従来型の先行投資モデルに依存している状況だという。そこにはどんな問題があり、従量制消費モデルの採用はそれらをどう解決するのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/22 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 3.27MB
要約
 ストレージおよびコンピュート向けの従量制IT消費モデルは、ビジネスアジリティと資本配分に多大なメリットをもたらす。しかし、ある調査によると、その価値が実証され、一般的になりつつあるものの、50%を超える企業は、資産を「所有」する従来型の先行投資モデルを採用しているという。

 こうした企業は、将来のニーズに先立ったオーバープロビジョニングを強いられており、それでもなお、リソース不足に悩まされている状態だ。このままでは、ビジネス運用/顧客ニーズへの対応力が低下し、意思決定の支援や従業員のコラボレーション、業務処理などに影響を及ぼすことになる。さらに、リソース不足の解消には膨大な時間がかかる上、容量追加、ビジネス機会の損失には高額なコストが伴う。

 このような背景から、今後数年で、従量制IT消費モデルへ移行する企業は大幅に増加し、2つのモデルを組み合わせた「ハイブリッド消費モデル」の採用が進むと考えられる。本資料では調査結果を基に、ハイブリッド消費モデルに関する5つのインサイトを紹介する。