IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ビジネスシステムズ株式会社

製品資料

日本ビジネスシステムズ株式会社

設計段階からハイブリッド運用を想定、「サービスとして提供されるHCI」の実力

リモートオフィス機能の強化が求められる今日、ハイブリッドクラウド運用を効率化する手法として、「サービスとして提供されるHCI」が注目されている。リードタイムの短縮から運用の簡易化、コストの最適化まで、そのメリットを見ていく。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 1ページ ファイルサイズ 239KB
要約
 多くの企業でリモートオフィスの機能強化が必須とされる今日、ハイブリッドクラウド機能の活用で仮想化ホストの更新を効率化する手段が求められている。こうした中で注目されているのが、「サービスとして提供されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)」だ。

 設計段階からMicrosoft Azureのハイブリッドエクスペリエンスが組み込まれているため、敏しょう性を向上させつつ、監視/管理などIT運用の負荷を軽減できる。ハードウェアからソフトウェアまでサービスとして提供される統合型インフラで、注文から運用までの全工程を簡素化。ニーズに適したプラットフォームを選択でき、HCI環境の実装や移行、本番稼働においても、Microsoftの設計とサービスにより、ビジネス価値を実現するまでの時間を短縮する。

 また、コンピュートとストレージリソースは従量制料金で柔軟に運用できる上、オプションとしてバックアップサービスやフルマネージドサービスなど、包括的なサポートも受けられるという。本資料で、同ソリューションの特長を詳しく見ていこう。