IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

JBCC株式会社

事例

JBCC株式会社

仮想化環境をそのままリフト、低負荷でクラウド化しデータセンター閉鎖の実現へ

クラウド移行はコスト削減や運用改善など多くの効果が見込める一方、バージョンの違いや移行ツールの不備などが原因で、プロジェクトに遅延が発生しがちだ。この課題を解消した企業の事例を基に、短期間で移行を成功させるポイントを探る。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/16 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 603KB
要約
 JBグループは、JBCCを中核として多くの実績をもとに業界トップクラスの技術力でITテクノロジーをマーケットに提供し続けている総合ITサービス企業グループだ。自社グループのDXも積極的に推し進めており、その1つとしてグループ各社のシステムをクラウド化するというミッションを抱えていた。

 クラウド化は、コスト面ではデータセンターやネットワーク費用の削減、運用面ではトラブル対応の軽減と安定性を実現するという狙いがあった。具体的には80システム/230台の仮想マシンのマイグレーションである。だが、Amazon Web Servicesへのクラウドリフトは、バージョンが古かったり、移行ツールが適さなかったりするなど、進行が遅れがちとなり、プロジェクトを見直す必要に迫られた。

 この状況を打開したのが、既存のvSphere仮想化環境をそのままクラウドにリフトでき短期間で移行を進められるクラウドサービスだ。本資料では、同社のクラウド移行の流れや成功のポイントを解説。データセンターを閉鎖して大幅なコスト削減も実現するなど、移行がもたらしたさまざまなメリットも紹介する。