IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

TIS株式会社

製品資料

TIS株式会社

Microsoft純正DaaSは導入すべきか? “向き不向き”を見極める方法

仮想デスクトップをクラウドサービスとして提供する「DaaS」(Desktop as a Service)。その新しい選択肢として注目されるMicrosoftの純正DaaSを取り上げ、機能や特長などの詳細と、導入時の注意点を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 537KB
要約
 テレワーク時代のITインフラとして、オンプレミスのVDIと同等の機能をクラウドサービスとして提供する「DaaS」(Desktop as a Service)への期待が高まっている。仮想マシンの台数やスペックを柔軟に変更できるなど、クラウドならではのメリットがオンプレミスのVDIにおける制約を克服すると考えられているためだ。
 
 中でも注目を集めているのが、Microsoftの純正DaaSだ。その特長の1つがコスト面での優位性で、一般的なDaaSは仮想化ソフトウェアの利用料がかかる場合が多いが、同DaaSは対象ライセンスを保有していれば仮想マシンとストレージの利用料だけで済み、比較的安価に導入することができる。また、1台から導入できるのも大きな特長で、効果を検証しながら徐々に利用範囲を広げていくといった運用も可能だ。

 ただし、同DaaSの運用にはある程度のスキルが必要になるなど、活用に際しては求められる要件もある。その導入が自社にとってベストな選択肢となるかどうか、同サービスの“向き不向き”を見極める方法について、本資料で解説する。