IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

インターナップ・ジャパン株式会社

製品資料

インターナップ・ジャパン株式会社

Microsoft 365はなぜ遅い? 3つの原因と改善策を徹底解説

Microsoft 365の利用において「遅い」「重い」といった声はよく聞かれる。その原因はアプリケーション自体ではなく、ネットワーク品質にあることが多い。Microsoft 365のレスポンスが悪くなる3つの原因と、それぞれの改善策を提示する。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/10 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.1MB
要約
 Microsoft 365などのクラウドサービスの利用時に感じる、レスポンスの悪さ。その原因としては、インターネット回線の帯域不足、プロキシなどの機器の性能不足、社内ネットワーク上のユーザーの偏在などが挙げられる。

 クラウドサービスの利用をより快適にするには、これらのボトルネックを解消し、自社のネットワーク環境を最適化する必要がある。例えば、インターネット回線の帯域が不足していたり、遅延の多い回線だったりする場合は、よりパフォーマンスの高い回線に切り替えることが望ましい。レスポンス改善策の中では、この方法が最も取り入れやすいものといえる。

 本コンテンツでは、Microsoft 365の「遅さ」や「重さ」の主な原因を3つ挙げ、それぞれに応じた改善策を提示している。また、特に従業員数の多い企業向けには、ワンランク上の対策として「冗長化」の実践を提案。より信頼性の高いネットワーク環境を構築できる冗長化の方法を2つ紹介するとともに、大幅にコストを抑えるためのコツも解説している。