IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

部門横断的なデータ分析はなぜ難しい? 包括的に業績を把握するためのヒント

リモートワークへの切り替えなど、ビジネス環境の変化に対応すべく行った取り組みを評価するには、適切なデータ分析が欠かせない。だがシステムがサイロ化する今、部門横断的なアナリティクスを行うのは容易ではない。この解決策とは?

コンテンツ情報
公開日 2022/06/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 3.63MB
要約
 働き方の変化、人手不足、サプライチェーンの混乱など、頻発する諸問題に対応すべく、企業は今データを活用してさまざまな取り組みを行っている。この取り組みを今後に生かすには、「出勤からリモートワークへの切り替えに伴う財務的な影響」や「人手不足が売り上げやキャッシュフローに与えた影響」といった結果を、的確に分析することが欠かせない。

 しかし、業務プロセスの多くは部門を横断しているため、包括的な業績把握ができている企業は少ない。このことは、不適切な意思決定や生産性の低下、コストの増大といったリスクを招くが、現状はシステムのサイロ化によるデータの重複やエラー、遅延が著しく、部門横断的なビジネスアナリティクスの導入が難しいケースが多いという。

 こうした状況から脱するには、ERPや人材管理、サプライチェーンマネジメントシステムなど、関連するソースからのデータを統合できる、クラウドベースのプラットフォームが必要になる。本資料では、次世代のアナリティクス基盤に求められる6つの要件やそれらを満たすソリューションを紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。