IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本オラクル株式会社

製品資料

日本オラクル株式会社

資金の流動性管理を高度化、予測精度を向上させるベストプラクティスとは?

資金の流動性管理は、財務の健全性を維持するためにも必要不可欠な取り組みだが、キャッシュフロー予測の精度の低さが課題となっている企業は多い。予測精度向上の仕組みづくりについて、課題とその解消法を考察する。

コンテンツ情報
公開日 2022/06/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 2.43MB
要約
 資金の流動性を把握することは、財務の健全性を維持するという観点から非常に重要な取り組みだ。そのため多くの企業が資金の流動性管理を優先度の高いトピックと位置付け、キャッシュフロー予測などを行っている。しかし正確な予測はなかなか難しく、予測精度の向上が課題となっている企業が多いのが実情だ。

 では、予測精度を向上させるにはどうすればよいのか。精度が低くなってしまう要因を整理してみると、その1つにデータへのアクセスの悪さが挙げられる。データがサイロ化していたり業務プロセスがばらばらだったりと、必要なデータにリアルタイムにアクセスできないことで、データ生成に一貫性がなくなり、予測業務に遅延が生じているケースも多い。

 こうした状況を踏まえると、関連する全てのデータストリームを自動化してマニュアル作業を減らし、関係者全員が資金の最適化に向けて連携できるような仕組みづくりが求められる。本資料では、予測精度の向上を実現するベストプラクティスと、実践のポイントを詳しく見ていく。