IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本Rimini Street株式会社

事例

日本Rimini Street株式会社

多数の事例で確認する、コストとリスクを回避するSAP S/4HANAへの移行戦略

SAP ECC 6.0のベンダーサポート終了が迫り、ユーザー企業はSAPアプリケーションの活用について悩んでいることだろう。検討すべき最大のポイントは、SAP S/4HANAに移行するかどうか。多数の事例を基に、最適な戦略のヒントを探る。

コンテンツ情報
公開日 2022/04/28 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 26ページ ファイルサイズ 11.8MB
要約
 SAP ECC 6.0のフルサポート終了に伴い検討すべき一番のポイントは、やはりSAP S/4HANAに移行するかどうかだ。ビジネス戦略との整合性や利点、リスク、コストなどを勘案して検討することになるが、早期移行こそが利益に合致すると考える企業もあれば、ひとまず様子見する、あるいはSAP以外のシステムにメリットを感じるという企業もあるだろう。

 本資料では、コスト削減、リスク軽減、サポート強化、イノベーション加速などの観点から、SAPに関する戦略の最適化を支援するサービスを紹介する。そのサービスの利用により、保守費用やベンダーロックインの課題を回避しつつ、充実の第三者サポートを享受できる。

 また同サービスを活用し、SAP S/4HANAや新規アプリケーション向けにSAP回帰を完了した企業、SAP ECC 6.0とSAP S/4HANAの併用を実現した企業、将来を見据えて他の選択肢を確保するアプローチを取る企業などの事例も数多く紹介されている。どの事例も移行に伴うコストとリスクを回避する施策を行っており、移行を検討する企業にとって大いに参考になるはずだ。