IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本Rimini Street株式会社

製品資料

日本Rimini Street株式会社

Oracle EBSの運用継続で考えたい、サポート費用を半減させる第三者保守サービス

Oracle EBSが実績あるアプリケーションであることは間違いない。しかしサポートが今後終了・減少していく中で、その高額な費用が課題となっている。そこで注目したいのが、第三者ベンダーが提供する保守サポートサービスだ。

コンテンツ情報
公開日 2022/04/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 930KB
要約
 Oracle E-Business Suite(EBS)ソフトウェアアプリケーションは堅牢性が高く実績もあるERPパッケージだ。EBSライセンシーを対象に実施されたある調査によると、97%はビジネスニーズが満たされていると感じている。その一方で、ライセンシーはライセンスの保有に関わる総所有コストや、今後のOracle EBSのロードマップが不透明であることなどに悩みを抱えている。

 Oracle EBSの次期メジャーリリースの予定はなく、クラウド版への移行が推奨されているものの、現実には移行は進んでおらず、ライセンシーは今後サポートが終了/減少することによる価値の低下とコスト増加も課題と感じている。そこで現在のサポートレベルと今後の動きを把握することが重要になるが、高額なアップグレードやベンダーロックインを回避したいなら、第三者保守サポートを利用するという選択肢もある。

 本資料では、Oracle EBSに関連する課題を挙げながら、それらの課題を解決する第三者保守サポートを紹介する。従来のOracleによるサポートに比べて年間料金を約50%、総費用を最大90%削減でき、迅速で手厚いサポートを受けられるという。