IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社エフタイム

比較資料

株式会社エフタイム

接続端末が増えても大丈夫、快適な無線LAN環境を構築するための3つのポイント

コロナ禍の影響による働き方の多様化を受けて、オフィスの在り方は変化しつつある。オフィスのフリーアドレス化を進める上では、適切な無線アクセスポイント製品を採用することが重要だ。では、どんなポイントを押さえて選定すべきか。

コンテンツ情報
公開日 2022/04/27 フォーマット PDF 種類

比較資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 473KB
要約
 コロナ禍を受けてテレワークが浸透し、出社が当たり前でなくなった今、オフィスのフリーアドレス化を進める企業が増えている。その実現に欠かせないのが無線LAN環境だが、構築に当たっては、適切な無線アクセスポイント(AP)製品を選定することが重要だ。

 例えば、数台の端末が接続するだけなら大差がなくても、10台、20台とつながる端末が増えることで、パフォーマンスが低下してしまうケースは多い。全ての従業員が快適に業務を遂行できるよう、通信品質を維持できる製品を選びたい。また、IT部門の業務負荷を増大させないためには、設置や管理が容易である必要もある。

 さらに、「スティッキー端末」問題を回避し、端末が常に最適なAPに接続するよう制御するには、動的に負荷分散できるような仕組みが不可欠となる。本資料では、これらのポイントを押さえた無線AP製品を紹介し、他社製品との比較を通じてその優位性を明らかにしていく。コントローラー型、物理コントローラーレス型の双方において、機能的に優れていることが理解できるはずだ。