IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

製品資料

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

パッチ適用やバックアップを自動化、クラウド環境でのファイルサーバ運用術

オンプレミスでのファイルサーバ運用は導入に手間がかかる上、運用管理の負担やコストの増大が課題となる。これらの解決に有効なのがクラウド移行だが、昨今ではパッチ適用やバックアップを自動化できる方法が注目されている。

コンテンツ情報
公開日 2022/04/26 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 1.66MB
要約
 ファイルサーバをオンプレミスで運用する企業は今も多いが、OSのインストールや設定、ファイルシステムの構築など、導入時に手間のかかる作業が多い点が課題となる。また運用面でも、ソフトウェア/OS/ハードウェアの管理は全てユーザーの責任であるため負荷が高く、人件費を含めた総コストも増大してしまう。

 こうした課題を解決する方法として採用が増えているのが、ファイルサーバのクラウド移行だ。中でもAmazon Web Services(AWS)が提供する「Amazon FSx for Windows File Server」は、管理者がファイルシステムの基盤やOSを意識する必要がなく、パッチ適用やバックアップも自動化が可能。またWindowsシステムとも親和性が高い他、性能や利用容量の指定、可用性/耐障害性を考慮した構成も容易に行うことができる。

 オンプレミスと比べても、Webコンソールより構築することで簡単に導入できるのに加え、ソフトウェアやOSの管理はAWS側で行うため、運用管理の負担やコストの削減も期待できる。本資料では、同サービスの5つの特長とともに、実際の移行手順について分かりやすく紹介する。