IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社シーイーシー

製品資料

株式会社シーイーシー

IE 11のEOSで高依存アプリケーションの改修が必須に、脱IEを上手に進めるには

Windows 10におけるInternet Explorer(IE) 11のサポート終了が発表され、IE依存のアプリケーションを所有する企業はその対応に迫られている。マイグレーションで対応する場合は、事前のアセスメントで詳細を詰めておきたいところだ。

コンテンツ情報
公開日 2022/04/20 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.74MB
要約
 Windows 10におけるInternet Explorer(IE) 11のサポートが、2022年6月に終了することが発表された。IE依存のアプリケーションではHTML5やJavaScriptなどの最新機能が利用できず、表記の崩れや動作不良が発生する恐れがある他、セキュリティのリスクも少なからず発生するため、利用している企業は対応が必須となっている。

 こうした問題の根本的な解決策となるのが、IE依存部分を最新ブラウザ向けに改修して変換するマイグレーションだ。しかし詳細な要件は企業ごとに異なるため、事前のアセスメントが重要になる。アプリケーションのIE依存度やマルチブラウザへの変更時の問題点、必要な費用と期間などを事前に把握することで、はじめて自社に最適な移行プランを構築できるようになるだろう。

 そこで本資料では、アセスメントから変換作業までトータルで対応する「IE脱却サービス」を紹介する。改修すべき箇所や重要度を可視化しつつ、高品質かつ効率的な自動変換を実現。さらに最適なセキュリティ対策やユーザビリティ対策などの要望にも対応する、まさにワンストップのサービスとなっている。