IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

サイボウズ株式会社

事例

サイボウズ株式会社

調査と事例にみるMicrosoft 365に集約しない理由、課題は社内ポータル

テレワーク下で情報共有ツールをMicrosoft 365に一本化しようとする企業も多い。しかし調査によれば特に社内ポータル構築でつまずく恐れがある。一本化の課題を整理し、解決のヒントとなるグループウェア併用事例を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/04/15 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.71MB
要約
 テレワークの常態化によって、オンラインでのコミュニケーションに加えて情報共有を行う「社内ポータル」の重要性が高まっている。テレワークの普及でTeamsを中心に利用を広げているMicrosoft 365だが、アクセス権設定の複雑化、運用管理に必要なスキルの高さなどが課題となり、社内ポータルとしての利用は5割程度にとどまっている現状がある。

 社内ポータルにはCMSなどの選択肢もあるが、グループウェアのような日常的に利用するツールの中に設けた方が利用率は高まる。その上でポイントになるのが、ITツールの総合窓口として機能するようIDaaSの利用によってシステム間移動をスムーズにすること、Microsoft 365など他ツールとの連携による全体最適化を図ることだ。管理リソースに懸念のある企業は管理権限の現場移譲も考慮すべきだろう。

 本資料ではこれらの条件を備えたグループウェアについて、導入事例を交えて紹介する。スピード感のある導入、APIによる他システムとの連携カスタマイズなど、Microsoft 365と併用して組織横断的な情報共有を実現するソリューションの魅力を掘り下げていく。