IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Datadog Japan合同会社

製品資料

Datadog Japan合同会社

可視化で保つインフラの健全性、複雑かつ大規模なKubernetes環境を監視するには

インフラの健全性を保つために不可欠な監視と可視化だが、Kubernetesの登場以降は、その実践が困難になったという声も多い。コンテナ化により複雑かつ大規模になったインフラに、リアルタイムの可視性をもたらす方法はあるのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/31 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.25MB
要約
 インフラ、システムの健全性を保つためには、その全域の可視性と常時監視が不可欠だ。仮想マシンや物理マシンといった長期間使用されるホストが中心の従来型インフラでは、対象はアプリケーションとそれを実行するホストだけだったため、監視はその全域に行き届いていたが、コンテナ化の推進と「Kubernetes」の登場により、その状況は一変した。

 コンテナ化とその大規模化を可能にするKubernetesは、アプリケーションの市場投入までの時間の劇的な短縮に貢献した一方、クラウドやオンプレミスへの分散と環境の複雑化を招いた。さらに、抽象化レイヤーが新たに追加されたり、ホスト間でポッドを絶えず移動したりするなど、従来の手法での監視は極めて困難な状況になった。

 本資料では、Kubernetesによるオーケストレーション環境の監視、その全域の可視化における課題を指摘した上で、これまでの監視戦略の再考を求めている。併せて、Kubernetesやコンテナそのものを含む環境全域のフルスタックの可視化、監査ログの分析、タグを使用したドリルダウンの自動化を可能にするソリューションを紹介している。