IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ビジネスシステムズ株式会社

製品資料

日本ビジネスシステムズ株式会社

「Microsoft HoloLens 2」導入ガイド:開発時に考慮すべきポイントとは?

「メタバース」という言葉の浸透を背景に、MRデバイスの注目度が高まりつつある。代表的なMRデバイス「Microsoft HoloLens 2」にフォーカスし、初めて開発をするに当たり考慮すべきポイントや開発環境、AzureのMRサービスを解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 1.31MB
要約
 近年では「メタバース」という言葉が浸透し、MR(複合現実)デバイスの注目度が高まりつつある。特にMicrosoftが提供する「HoloLens 2」は、製造業、医療、教育など幅広い分野で活用が進んでおり、多くの成果を上げている。

 その導入を検討する際は、Microsoft Dynamics 365 Remote AssistやMicrosoft Dynamics 365 Guidesといったパッケージアプリが、実際の業務に適用可能かどうかを判断することが重要だ。パッケージアプリの適用が難しい、あるいは機能が不足している場合は、アプリそのものを一からフルスクラッチ開発するか、付加機能を開発する必要がある。

 本コンテンツでは、HoloLens 2の開発において考慮すべきポイントをステップバイステップで解説し、パッケージアプリとスクラッチ開発の違いや、開発に必要なデバイスやツールなど、初めての人が覚えておくべき基本的な用語について言及する。併せて、HoloLens 2の基本操作を学べるサービスや、HoloLens 2を業務に適用できるか見極めるためのサービスも紹介しているので、参考にしてほしい。