IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社アシスト

Webキャスト

株式会社アシスト

Oracle DB SE/SE1の新移行先として注目、「ODA」がもたらすメリットとは?

Oracle DBに最適化された製品であるODA(Oracle Database Appliance)は、ハードウェアとソフトウェアの技術が統合されており、時間とコストを抑えて導入できる。これをOracle DB SE/SE1の移行先に選ぶことで得られるメリットとは?

コンテンツ情報
公開日 2022/03/15 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 34分13秒 ファイルサイズ -
要約
 2016年1月末に販売が終了したOracle Database SE/SE1。マイグレーションパスを利用して、現行のSE2へ移行する企業は多いだろう。しかし、SEシリーズの利用に当たっては、サーバの搭載可能プロセッサ数や使用可能なCPUスレッド数に制限があることに留意したい。

 またEE(Enterprise Edition)と比べて、処理性能や可用性、セキュリティなどを向上させる機能が限定的な上、SE RAC(Real Application Clusters)が非サポートになる点も、多くのユーザーを悩ませている。そうしたユーザーには、Oracle Databaseに最適化されたアプライアンス製品であるODA(Oracle Database Appliance)がマイグレーション先としてマッチする可能性がある。

 ODAは、ハードウェアとソフトウェアの技術が統合され、時間とコストを最も抑えて導入することが可能なデータベース基盤だ。可用性やセキュリティをはじめとしたエンタープライズシステムに求められる非機能要件の多くを満たすEEを、最小2コアでスタートして2コアずつ段階的に拡張しながら利用できる他、選定・設計・構築の期間を大幅に短縮できるなど、メリットが多い。豊富な実績と高い技術力を持つベンダーの担当者が解説する。