IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社グローバルワイズ

製品資料

株式会社グローバルワイズ

受発注業務のミスを防いでサプライチェーンを効率化、いま選ぶべきEDIとは?

DXが推進される今も、電話やFAXに基づくアナログな商習慣は根強く残り、受発注業務のミスやデータの利活用に悩む企業は少なくない。そこで注目したいのが、EDI(Electronic Data Interchange)だ。そのメリットや導入効果を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 80ページ ファイルサイズ 6.06MB
要約
 業務のデジタル化が強く推進され、電子商取引化が進む現在も、電話やFAXなどアナログベースの商習慣は根強く残っている。こうした状況では、受発注業務においてミスが増えるのは避けられない。また、たとえ手間をかけて注文書をデータ化しても再利用されていないのが現状で、改善が急務となっている。

 そこで導入を検討したいのが、企業間でやりとりされる注文書や請求書などをデータ化して、通信回線によりコンピュータ同士で交換するEDI(Electronic Data Interchange)だ。EDIの導入は、手作業の排除による効率化や、人件費などのコスト削減はもちろん、受発注情報を見える化し、サプライチェーンの資金循環速度(SCCC)の向上にも有効となる。

 本資料では、サプライチェーンの課題を解決する中小企業共通EDIの導入効果について、詳しく解説する。電子インボイスの利活用や請求業務のペーパーレス化を推進する上で、さまざまな取引先とのつながりを強化し、基幹システムや業務アプリケーションとの連携も容易な同EDIは、きっと役立つはずだ。