IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士通Japan株式会社

製品資料

富士通Japan株式会社

複雑化した集配信システムの運用を改善、通信手段を集約するクラウド型統合EDI

取引先との受発注作業などで不可欠な集配信システムだが、システムの複雑化といった背景から運用負荷は高くなっている。そこで有効なのが、通信手段を集約する統合EDIだ。専門知識がなくても柔軟に運用できるという実力を見ていこう。

コンテンツ情報
公開日 2022/03/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 23ページ ファイルサイズ 2.15MB
要約
 取引先との受発注作業などにおいて集配信システムは不可欠な存在だが、INSネットのサービスが終了する2024年問題への対応や、外部インタフェースの増加によるシステムの複雑化などを課題とする企業は多い。これらの解決策として注目されているのが、あらゆるデータ送受信に利用できるクラウド型のChainFlow/I 統合EDIサービスだ。

 JCAや全銀などのレガシーな手順から流通BMSをはじめとするIP通信まで多様な通信手段を標準提供するだけでなく、取引先指定のWebEDIやメールEDIの自動化、簡易インターネット通信ツールなどの豊富なオプション機能により通信手段を一元化。運用監視では、オプションで代行サービスも提供しているため、自社の状況に応じた柔軟な運用を選択できる。

 また、取引先の追加時にはExcelツールによる対応が可能なため、専門知識がなくてもユーザー自身で通信設定やファイル変換の設定をプログラムレスで作成でき、取引先への対応スピードも格段に向上する。本資料ではこのChainFlow/I 統合EDIサービスの特長について、図解入りで分かりやすく紹介する。