IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Dropbox Japan株式会社

事例

Dropbox Japan株式会社

契約業務はどこまで効率化できる? 事例に学ぶサービス/ツール連携の秘訣

デジタル化の進行やコロナ禍の影響を受け、利用が拡大するクラウドサービス。その一方で課題となっているのが、ツール類の増加による業務の分断だ。特に煩雑化しやすい契約業務を焦点に、複数サービスの連携による効率化事例を紹介したい。

コンテンツ情報
公開日 2022/02/03 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 472KB
要約
 デジタル化の進展やコロナ禍の影響により、クラウドサービスの利用が急速に拡大した。さまざまなツールやサービスが登場する一方で、それらの導入で業務手順が煩雑化したり、情報が分散して検索に手間がかかったりするなどの弊害も発生しているため、サービスやツール間の連携による業務効率化と生産性向上が重要課題となっている。

 これを解決した組織の1つが、税理士法人のエンジョイントだ。データベース型業務システム「kintone」と電子署名ソリューション「HelloSign」にクラウドストレージサービスを組み合わせることで、契約書の作成から保管、顧問先への送付を一気通貫で自動化。従来は多くの手間と10~15分かかっていた作業を1分以内で完了できるようになり、作成漏れや管理ルールの徹底も実現できているという。

 本資料ではこの他にも、プラグインによる連携で契約書プロセスを標準化して作業時間を3時間から5分に短縮したキャップドゥなど、3サービスの連携によって契約業務をデジタル化した2社の事例を紹介する。市場にクラウドツールが氾濫する今、適材適所の連携を実現するための参考資料として活用してほしい。