IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アステリア株式会社

製品資料

アステリア株式会社

DX時代に求められるデジタル経営の実現を阻む、データの分断をどう解消する?

DXの推進に伴い「デジタル経営」の必要性が高まっている一方、日本のDXやデータ活用は、先進諸国やアジア主要国に比べて後れを取っている。その原因の1つが“データの分断”だが、これをコストや時間をかけず解消するのは難題だ。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 1.08MB
要約
 デジタル変革(DX)が大きな潮流となる中、データ駆動で会社をマネージする「デジタル経営」の必要性が高まっている。ただ現状、日本のDXやデータ活用に対する世界的な評価は、決して高くない。ある調査によれば、日本の国際デジタル競争力は63カ国中27位で、アジアでも9位となっている。

 また、IoTやAIの活用目的も業務効率化やコスト削減に偏り、新製品開発や事業拡大を目的としている日本企業は少ないという。こうした遅れが生まれた原因には、個別最適化されたシステムの乱立やクラウドサービスの普及に伴う“データの分断”があるが、従来これを解消するには、高価で時間のかかるインタフェースの開発が必要だったため、人材不足により実現できない企業が多かった。

 本資料では、日本企業のデータ活用が、先進諸国やアジア主要国の中で後れを取ってきた要因を、調査結果から詳しく分析している。またその解決策として、ノーコード開発により、クラウドやシステム間のデータ連携を手軽に内製化できるソリューションを紹介しているので、参考にしてほしい。