IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ビジネスシステムズ株式会社

製品資料

日本ビジネスシステムズ株式会社

クラウドの普及でデータ管理/運用が困難に、ストレージは今どう変わるべきか?

マルチクラウドや高度な分析の普及でデータが急増する中、従来型ストレージの限界が露呈している。データを消費するワークロードとのギャップを埋め、ハイブリッド環境でもスマートにデータを管理/運用するには、どうすればよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/20 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1010KB
要約
 エンタープライズ環境でのエッジコンピューティング、マルチクラウド、高度な分析の普及により、データセンターには前例のない量と速度で新たなデータが押し寄せている。この環境変化に、従来型のストレージアーキテクチャで対応するのは、いかに優秀なIT運用チームでも困難だ。

 この環境を変えるのは、高度な分析と機械学習を有効活用し、AI主導でデータ管理を最適化するインテリジェントストレージだ。クラウド向けに設計されており、任意のワークロードでデータを利用できるように配置を最適化。環境から学習して、パフォーマンスと可用性を向上させる機能も備えており、従来のストレージが抱えていた課題を解消できる。

 本資料では、急速に進化するデータセンターに残る課題と、その解決策となる新たなストレージを紹介している。データを消費するワークロードとのギャップを埋め、ハイブリッドクラウド環境でも、スマートにデータを管理・運用できるようになるという。その特徴を、本資料で詳しく確認していこう。