IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

クリックテック・ジャパン株式会社

製品資料

クリックテック・ジャパン株式会社

SAPデータ活用に3つのポイント、複雑性を乗り越えてインサイトの獲得が可能に

ERPに集積されたデータの価値を生かし切れていない企業が少なくない。特にERPの代表格であるSAPシステムでは、その複雑さが高い壁になる。この壁を乗り越えてインサイトを引き出すには、「3つのポイント」をクリアする必要がある。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 3.3MB
要約
 ビジネスにおけるデータの重要性が高まる中、ERPの代表格であるSAPシステムに蓄積されるデータをいかに活用するかという点は、多くの企業で課題となっている。しかし、SAP環境のデータシステムは大規模かつ複雑なため、アナリティクスやクラウド統合/移行などにうまく活用できていないケースは少なくない。

 SAPデータから価値を引き出すためにまず重視したいのが、データの複雑な関係性と独自の形式を効率的に処理可能で、リアルタイムにアクセスできる環境を構築することだ。また、統制された方法でSAPデータを変換/調整し、データパイプラインを自動化していくことも必要になる。そして最終的には、他の情報源と組み合わせながら、より多くのインサイトを引き出していく。

 もちろん、こうした3つのポイントをクリアするには、データ活用基盤の選定も重要になってくる。本資料では、SAPデータセットから複雑性を取り除き、生データから実用的な情報を引き出して価値を高める3つの方法と、その実現に有効なデータ統合/アナリティクスプラットフォームを紹介しているので、参考にしてもらいたい。