IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

A10ネットワークス株式会社

製品資料

A10ネットワークス株式会社

運用自動化もDDoS対策も容易に実現、マルチクラウド対応ロードバランサーの実力

マルチクラウドでのサービス提供を行う上では、トラフィックの可視化や性能の担保、運用の自動化、セキュリティ対策など、さまざまな課題が立ちはだかる。これらをクリアするのに有効な、次世代ロードバランサーの実力とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/12/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 2.61MB
要約
 今や、企業が利用するクラウドサービスの数は平均5つといわれており、マルチクラウドの活用が拡大している。一方で、マルチクラウドでのサービス提供には複雑さへの対応が求められる。トラフィックの可視化や性能の担保、運用の自動化、さらにはセキュリティ対策も欠かせない。

 こうした要件に対応するには、マルチクラウドに対応したロードバランサーが必要だ。帯域をプールとし、必要に応じて各インスタンスへ払い出すようなライセンス形態があれば、帯域を有効活用することができる。またクラウドだけでなく、オンプレミス環境まで統合管理できるGSLB(グローバルサーバロードバランシング)や、マルチクラウド環境を可視化し、管理を効率化できることも重要だ。

 さらに、運用の自動化・効率化を実現するAPIを備えることも望ましい。本資料では、これらを全て満たすと同時に、高度なDDoS攻撃対策を実現するソリューションを紹介する。階層化されたDDoS攻撃への対応や、ポリシーベースによる5段階の自動緩和策など、多彩な機能を確認してほしい。