IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

A10ネットワークス株式会社

製品資料

A10ネットワークス株式会社

拠点側もデータセンター側も一長一短、インターネットブレークアウトの最適解は

クラウドの普及で増大する、企業ネットワークへの負荷。これを軽減する一般的な方法は、クラウドサービス向け通信の制御をローカル拠点側かデータセンター側でブレークアウトすることだが、どちらも一長一短となる。解決策はあるのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 49ページ ファイルサイズ 3.79MB
要約
 Microsoft 365などクラウドサービスの活用が進んだことで、インターネット回線やWAN回線、プロキシなどへの負荷が著しく増大するようになった。一般的な負荷軽減策は、クラウドサービス向け通信の制御をローカル拠点側もしくはデータセンター側でブレークアウトすることだが、これらは一長一短がある。

 どちらの欠点も改善できるのが、データセンターとローカル拠点の両方でブレークアウトする方法だ。それぞれで宛先ドメイン名に応じてクラウドサービスやWeb会議などの通信を振り分けるため、WANの負荷もセキュリティの課題も解決できる。さらに、SD-WANによるローカルブレークアウトを選択した場合は大規模なネットワーク変更とコストが必要になるが、この場合は必要な部分に段階的に導入できるため、導入が進めやすい。

 本資料では、このように現代の企業ネットワークに付き物の課題に対し、解決策を提案している。アクセス制御やアプリ可視化などのセキュリティゲートウェイ機能をはじめ、テレワーク環境に即した多様なセキュリティ機能も実装でき、将来的な拡張性にも優れているため、長期的なネットワーク運用の効率化にもつながるだろう。