IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

HashiCorp Japan 株式会社

事例

HashiCorp Japan 株式会社

ゲーム企業に必要な可用性を担保、Ubisoftはシークレット管理をどう標準化した

オンラインゲームのパイオニアであるUbisoftでは、異機種混合インフラの規模が拡大し、シークレット管理に課題を抱えるようになった。ゲーム市場で重要な可用性や安全性を担保すべく、管理の自動化を決意した同社が選んだ方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/12/24 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 563KB
要約
 世界規模のゲームプラットフォームを展開する、オンラインゲームのパイオニアであるUbisoft。同社ではユーザーのオンライン体験を改善すべく、6カ所のデータセンターを自社で運用することに決めた。だがその過程で、分散した異機種混合インフラの規模が拡大し、シークレット管理に課題を抱えるようになった。

 従来同社では、各チームが個別にシークレットとトークンを管理していたため、ベストプラクティスがなく運用も不透明だった。こうした状況では、ゲーム市場で重視される可用性や安全性を担保できない。そこで同社は、ゲーム開発を妨げず、データ侵害や予定外のサービス停止のリスクを低減するため、シークレット/トークン管理の自動化を決意した。

 そこで選ばれたのが、マルチプラットフォーム対応の相互運用性や直感的なユーザーインタフェースを備えた、オープンソース版のVaultだ。これにより、業界標準をはるかに上回るSLOを達成した他、証明書の有効期限切れなどによるサービス中断を防止するなど、多くの効果が得られたという。本資料で、同ソリューションの実力を詳しく見ていこう。